原因を知って双極性障害を防ぐ【病をシャットダウン】

笑顔の女の人

うつ病は多様化しつつある

医者

双極性障害は、他の精神疾患と同様原因不明であることが多いですが、薬でしっかりと治療を行えば比較的治りやすい病気です。気分の上がり下がりが激しいとうつ病との判別や病気自体の見分けもつきにくいですが、少しでも不調を感じたらしっかり病院で早めの診察を受けるべきです。

View Detail

精神的な病気

医者

正しい治療法が必要です

双極性障害は、気分障害のひとつです。うつ症状と躁状態又は軽躁状態を繰り返す病気です。双極性障害の症状としては、躁状態の時は、エネルギッシュに動き続け、次々に手を出しすぎて失敗する可能性が高いので注意が必要です。大きなトラブルを起こしていても、本人は困ることなく調子が良いと感じています。うつ状態の時は、抗うつ気分になり、エネルギーがなくなり、何をするにも興味が持てなくなります。一日中ゆううつな気分が続き、不眠や過眠の症状がみられます。双極性障害の原因は、はっきりとは解明されていませんが、遺伝子や環境、脳、性格、体質などが関係しているのではないかといわれています。環境によるストレスや生活の乱れが原因で発症しやすくなります。双極性障害は、治療を行わないと、ほとんどの場合は再発すると考えられています。再発するたびに、次の発症までの期間が短くなっていくので注意が必要です。双極性障害は、早期に正しい治療を行えば治すことができる病気です。治療法としては、薬物療法、精神療法などがあります。症状が治ったからといって、勝手に薬の服用を中断すると、再発しやすくなりますので注意が必要です。必ず、主治医の指示に従い、正しい治療を行うようにしましょう。双極性障害の発症の原因でもある、ストレスをなくし、規則正しい生活をすることが大切です。双極性障害の病気について正しい知識が必要です。病気を受け入れて、家族の協力も得ましょう。正しく理解し、再発の予防をこころがけましょう。

再発防止に心がけましょう

双極性障害の治療法は、薬物療法と精神療法があります。精神面を改善するために、精神療法は必要な治療です。精神療法もいくつかの種類があります。心理教育は、医師が患者とマンツーマンで話し合いながら理解を深めていく療法です。心理教育で得た知識で、患者の行動を変えることが目標とされています。認知行動療法は、適応力や考え方を学び気分を調整していく療法です。対人関係療法は、対人関係の捉え方を変えていく方法です。社会リズム療法は、生活の乱れを修正していく方法で、生活のリズムを記録して行います。その他、電気けいれん療法などがあります。双極性障害の治療は、薬物治療と精神療法を併用することで効果があります。その他、漢方を飲用することも人気です。セイヨウオトギリソウは、うつ病に効果があるといわれています。特に軽いうつ病には、非常に優れた効果があると評判です。天然成分なので、身体に安全なことから人気となっています。発症の原因とされるストレスや考え方を改善させることにより、再発防止になります。双極性障害は、一般的に躁状態が発症してから、すぐに治療を始めると2.3ヶ月以内で治るといわれていますが、うつ症状の場合は、治療が長引く傾向があります。双極性障害は、再発しやすいために、正しい治療法が必要です。主治医の指示に従い、薬も継続してください。再発防止のためにも、生活環境や生活習慣を改善しましょう。ストレスのない毎日を送り、正しい治療を行うことで治る病気です。長期化することもありますが、根気よく治療を続けましょう。

気分の浮き沈みが激い時は

疲れている男性

双極性障害の原因は、まだ解明されていません。ですが、決して治らない病気ではないのです。自分自身が、病気に向き合うことが、治療への第一歩となります。早い段階で、医療機関を受診されることをおすすめします。

View Detail

病気が起きる要因

病院

双極性障害の原因は遺伝から環境、脳の機能障害まで様々なものがあるがある程度の仮説を立てることは出来る。種類も1型と2型という2種類があり、若年層に多いが海外と比べると日本では発症率が少ないのでまずは早期治療に専念できるようにすることである。

View Detail